2014年09月30日

『月刊漫画ガロ』を語る「 カウンターカルチャーマンガの潮流」

「それは1964年から始まった カウンターカルチャーマンガの潮流」と題し
南伸坊と林静一、呉智英によるトークショーが10月11日
宮城県の長井勝一漫画美術館にて開催。
聞き手は『アックス」(青林工藝舎)の編集長・手塚能理子。
参加申し込みは電話にて受けつける。

「それは1964年から始まった カウンターカルチャーマンガの潮流」
日時:2014年10月11日(土)14時開場、14時30分開演
会場:長井勝一漫画美術館
住所:宮城県塩竈市東玉川町9-1 ふれあいエスプ塩竈内
出演:南伸坊、林静一、呉智英、手塚能理子(聞き手)
電話:022-367-2010

garo_2014.jpg

なお長井勝一漫画美術館のギャラリーでは
10月4日〜12日「東北ゆかりの作家」と題し、
勝又進、芳賀由香、菅野修、吉田光彦の原画を展示。入場無料

長井勝一漫画美術館 http://www.nagaisan.com/

posted by rawramp at 03:55 | 京都 | Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画/アニメ/特撮 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/406250571

この記事へのトラックバック

和書トップ100 | ミュージックCDトップ100 | DVDトップ100
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。